自動車保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2つがあります。

自賠責保険は強制的に加入しなければならない保険ですが、補償される金額に制限があります。そのため高額な賠償義務が発生したときは、自賠責保険だけでは足りません。

万が一の事故賠償のために、「任意保険」の加入は必須ですね。保険会社により補償サービスに違いがありますが、「対人賠償保険」と「対物賠償保険」が基本となる保険です。予算に応じて安心の補償を手に入れましょう。

対人賠償保険

事故で相手が負傷、あるいは死亡した場合に支払われる保険です。治療費をはじめリハビリ費や逸失利益、慰謝料などを補償します。補償金額は必ず「無制限」に設定しましょう。

対物賠償保険

事故で相手の車や家屋、あるいは電柱などを破損したときに補償される保険です。高額商品を輸送しているトラックと衝突したり、店舗などに衝突し営業ができなくなると高額な賠償金の支払いが発生します。補償金額は必ず「無制限」に設定しましょう。

車両保険

「対物賠償保険」では相手の車の修理費しか補償されません。自分の車を補償するには車両保険に加入する必要があります。保険料が高額なため、加入率は約50%となっています。必ずしも加入する必要はありませんが、いざというときに安心の保険です。

バイク・自転車保険

スクーターなど125㏄以下のバイクに乗っていたり、自転車を乗る人は特約で保険を付帯することをお勧めします。単独で加入するより保険料が安く、かつ手厚い補償を受けることができます。

ロードサービス

自動車保険で目玉サービスといえば、「ロードサービス」です。バッテリーがあがったり、ガス欠やキーの閉じこみなど、急なトラブルの救助を無料で利用することができます。全国に提携先があるので旅行中でも安心して利用できます。

保険料の節約

自動車保険は保険料が高額なほど手厚い補償を受けられますが、本当にすべて必要でしょうか?保険内容を見直すことで保険料を抑えながら十分な補償をうけることができます。更新のタイミングで見直しましょう。

弁護士費用特約

自動車保険の人気特約といえば弁護士費用特約です。自動車事故で弁護士を利用するのは訴訟に限ったことではありません。弁護士に依頼することでできるだけ多くの賠償金を請求できたり、難しい示談をすべておまかせできたりと大変便利です。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定