• 自動車に乗らなくなった
  • 海外転勤することになり車を廃車にした
  • 車を子どもに譲渡した

維持費の高い車を保有することは、特に都市部に住む人ほど悩ましいですよね。

子どもが小さいうちは車が手放せませんが、大きくなるとあまり使わなくなり維持費ばかりかかってしまう…。

そんなときはおもいきって車を手放すことを考える方も多いですよね。

車を手放すときタイミングで、自動車保険も一緒に解約しましょう。

早めに解約すれば、保険料の返金も受けられるので手続きを急ぎましょう。

スポンサーリンク

 

自動車保険を解約する方法

自動車保険の解約手続きは、電話一本で済ませることができるのでとても手軽です。

もし保険の残存期間が1ヵ月以上残っているようであれば、月割りで返金してくれますので確認しましょう。

自動車保険の被保険者が亡くなった場合、手続きは相続人が行います。

相続人による自動車保険の名義変更は、代理店などで手続きを行います。

その際、車検証や念書などが必要になります。詳しくは保険会社へ問い合わせてみましょう。

解約するときに等級を引き継ぐ

自動車保険では、事故歴のあり・無しにより区分分けして保険料を値引きする「ノンフリート等級制度」が採用されています。

最高の20等級の場合、保険料は半額以上安くなるので大変お得です。

車が必要無くなって自動車保険も解約するときに、高い区分の等級を保有しているなら捨ててしまうのはもったいないです。

そんな時は、「中断証明書」を発行してもらい等級を保管しておきましょう。

最大10年間保管することができますので、またいづれ自分で車に乗るときや、子どもへプレゼントすることもできます。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定