車を乗る時に加入する自動車保険。その中に「使用目的」という用語があるのはご存知ですか?

用語は知っていても、詳しい中身まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回はそんな「使用目的」についてお話しします。

スポンサーリンク

 

「使用目的」を知ろう!

「使用目的」とは、車を運転するひとがどのような用途で使用するのかを区分分けをし、保険料に適用するシステムです。

例えば、通勤するために車を使ったり、子どもの送り迎えで使ったり、ちょっとした買い物だけに使ったり、業務で使ったりと様々ですよね。

「使用目的」は3つの区分に分けられています。

自分がどの区分に分類されるのか把握しておくと、保険料の節約ができます。

「使用目的」の区分分け

「使用目的」の3つの区分を見ていきましょう。

1.通勤・通学

この区分は、車は通勤や通学はもちろん、ほぼ毎日車を使う人、月に15日以上乗る人に当てはまる区分となります。

通勤だけでなく、日常の買い物、お出かけ、レジャー、車をほぼ毎日使う人はこちらの区分にしておきましょう。

ちなみに、保険料金はこの「通勤・通学」の区分が料金が高くなります。

 2.日常・レジャー

この区分は月に15日未満で車を運転する人が選ぶ区分となります。

週に3,4日であれば日常・レジャーで問題ありません。また、使用目的において距離は関係ありません。

あくまで月でどれくらい車を運転するのかを決める区分ですので、距離云々は気にしなくて大丈夫です。少しお話からズレますが、距離で決まる保険会社もあります。

ダイレクト型保険は距離で金額が決まるところがほとんどです。車を乗らない人は、より割引になるというわけですね。

「日常・レジャー」は、「通勤・通学」よりは保険料が安くなります。

3.業務用

「業務用」は仕事も私事もその車を利用する人が選ぶ区分です。

例えば、自営業で配達用に車を使っているけど、休日になると個人の遊びにも使う人はこの区分に入ります。

注意してもらいたいのは、事業用のみ使用する人はこの区分はあてはめることはできません

そういう場合は、事業用専用の保険にしなくてはいけません。

何故かというと、事業用と個人・家庭用の自動車保険と事業用(会社で使っている車)は車を運転する人が異なるからです。

事業用は不特定多数の方が乗りますので、個人・家庭用の自動車保険ではいざ何か会った時に保険が適用にならないケースがあります。

ちなみに、今まで述べてきた中ではこの「業務用」が一番保険料が高くなります。

「使用目的」法人と個人について

今までは「使用目的」は個人の場合について述べてきました。

個人の場合は、区分わけがされているので、自分にあった「使用目的」を選ぶことできます。

しかし、法人や事業用の場合は「使用目的」はどうなるのか、気になりますよね。

法人の場合は、「使用目的」は決めません。

そして完全にお仕事用の車になりますので保険内容も法人用の保険へ切り替わります。

保険会社によっては「家庭用」と「業務用」と別れているところもありますが、基本的には法人と個人は別ものだと考えてください。

法人用ですと名義も会社になりますので、契約も「法人名義」となり独立した存在となります。

事例:車を新しく自分の名義で購入
たまに自分も使うけど、ほとんどは会社で使うので、保険は法人用の保険へ加入しようと思っている。

法人用の保険は適用できません。

事業主は同じでも名義が法人と個人ではそれぞれ別々の存在ですので、個人名義に法人名義の保険を掛けることはできません。逆も然りです。

ちょっとややこしいですが、「法人は法人」、「個人は個人」だということです。

保険はそれぞれ別々にかけましょう。

まとめ

「使用目的」について、おわかりいただけましたか?

「使用目的」で保険料は変わってきます。自分にあった区分をしっかりと選び万事対応できるようにしておきましょう。

最後に、お子様や旦那様の送迎は毎日していても、通勤・通学には含まれませんので注意してくださいね。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定