ライフスタイルの変化で急に引っ越しをしたり、子どもが運転免許を取ったりしますよね。

自動車保険も、状況により名義を変更したり、住所や補償内容を見直す必要があります。

このページでは、自動車保険の契約内容の変更方法とポイントについてご紹介します。

契約内容を変更する

ワンポイントアドバイス
結婚したり引っ越しをした時など、ライフスタイルの変化により自動車保険の契約も見直す必要が出てきます。
住所の変更だけならネット上で簡単に済ませることができます。
結婚した時など「車を運転する人が増える」時は、運転者年齢条件を見直す必要がでてきます。うっかり契約内容を更新しないでいると、いざ事故を起こした時に補償の対象外になってしまうことも…。
ライフスタイルが変わるときは、自動車保険の契約も見直してみることをおススメします。

特約の条件を変更する

ワンポイントアドバイス
自動車保険は運転する条件を制限することで、保険料を安く抑えることができます。
例えば「走行距離」が短いと事故のリスクが低くなるので、保険料も安くなります。
また、年齢が高い人ほど事故率が低いため、年齢に応じた「運転者年齢条件」が設定されています。
通常は保険の契約時、あるいは更新時に契約内容を見直しますが、実は契約途中でも変更することができます。
「走行距離が予想以上に多くなりそう」、「子どもが免許をとった」など、特約の条件を超えそうな時は事前に保険会社に連絡しましょう。
また、特約の条件を下回るときは、保険金の払い戻しを受けられるので節約の効果もあります。
条件をこまめに見直して上手に節約しましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定