自賠責保険の別名は『強制保険』。

その名前の通り、行動を走る全ての車に加入が義務付けられています。

自賠責保険を正しく理解し、万が一の事故でしっかり補償を受けられるようにしておきましょう。

自賠責保険の請求

自賠責保険は国が運用する保険。

公道を走るすべての自動車に対して加入が義務付けられています。

補償されるのは、人が負傷したり死亡した『人身事故』の場合に限られます。

ただし補償される保険金も少なく、大きな損害賠償金が発生すると自賠責保険だけでは足りないケースもあります。

自賠責保険の大きなメリットは、相手が無保険であったりしても、しっかり補償を受けることができる点。

被害者側にとっては大変ありがたい保険です。

実際に事故を起こすと気が動転してしまい、どうすればよいかわからなくなります。

日頃から自賠責保険の請求方法などを把握しておくことをお勧めします。

自賠責保険のポイント

自賠責保険は「対人賠償」のみに補償される保険です。

大きな特徴として、自賠責保険は『被害者が直接請求することができる』保険ということ。

例え相手との示談交渉が難航して保険の支払いの目途がつかないときでも、被害者自らの判断で自賠責保険を請求することができるのです。

スポンサーリンク

 

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定