自動車保険は、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

ziko0712

自賠責保険とは?

自賠責保険は、自動車を所有する人が必ず加入しなくてはいけない保険です。そのため通称「強制保険」と呼ばれていますすね。

自賠責保険は2年に1回訪れる車検の時に、自動車重量税と同時に支払っています。自賠責保険の料金は車種やグレードに関係なく、「普通車」か「乗用車」で保険料が一律になります。

 12ヶ月13ヶ月24ヶ月25ヶ月36ヶ月37ヶ月
普通車16,350円17,310円27,840円28,780円39,120円40,040円
軽自動車15,600円16,500円26,370円27,240円36,920円37,780円

自賠責保険の補償範囲は?

自賠責保険は自動車事故にあった被害者を救済するための保険です。被害者がけがをしたり死亡した場合に程度によって支払われる賠償金が異なります。

適用される損害支払われる限度額
傷害120万円
後遺障害後遺障害の程度により75万円~4,000万円
死亡3,000万円

自賠責保険はあくまで被害者にのみ支払われる保険です。事故でガードレールを破損したり車を破損したり、あるいは自分がけがをしたりしても支払いの対象になりません。

また、被害者に支払われる金額も上記表が限度になります。被害者に後遺症が残ったり死亡したりすると自賠責保険では賄いきれないケースが多くあります。まかないきれない時は、自腹で支払う必要があります。

任意保険が自賠責保険をカバーする

自賠責保険が最低限の賠償をしてくれる保険なのに対し、任意保険は自賠責保険ではカバーされない保証をしてくれる強い味方です。

任意保険は次の種類があります。

対人賠償保険自賠責保険で賄いきれない被害者への賠償金を補償してくれる保険
対物賠償保険他人の車や物を破損してしまったときに補償してくれる保険
人身傷害補償保険自分の車に乗っていた人が死傷してしまったときに、過失の割合にかかわらず損害額に対して補償してくれる保険
搭乗者傷害保険自分の車に乗っていた人に対して自賠責保険とは別に独自で補償してくれる保険
無保険車傷害保険賠償能力が無い車と事故を起こした場合に支払われる保険
自損事故保険自分で起こした事故に対してケガや死亡したときに支払われる保険
車両保険単独事故や盗難、災害などによって支払われる保険

自賠責保険があくまで「救済」を目的とした保険なのに対して、任意保険は対人だけでなく対物まで幅広く補償をしてくれます。

交通事故で最も多いパターンは、「追突事故」、「出会い頭事故」、「右左折時衝突」の3つです。(平成26年警視庁調べ)

車の運転は自動ではありませんので運転者がわき見や不注意が原因で事故を起こしてしまいます。例え自分に非がなくても相手の車の不注意で「もらい事故」になる可能性も少なくありません。

車を運転する以上は予測不可能な事故は誰にでも起きる可能性があります。自分と搭乗者を守る意味でも任意保険は重要な保険なのです。

任意保険の特約

任意保険は対人・対物の補償を基本とした保険ですが、保険会社によってユニークな「特約」を付けることができます。

例えば事故で相手方との補償についての示談がうまくいかないため裁判を起こすことがあります。裁判になると弁護士を雇う必要があり費用が高額になりますが、その弁護費用を補償してくれる特約があります。

また車だけでなくバイクや自転車の運転時にも補償をしてくれる特約や他人が運転しているときに起こした事故を補償する特約などがあります。

特約を付けることで補償内容を充実させることができます。あるいは特約を付けないことで保険料を安く抑えることもできるので、自分で自由に設計できるメリットがあります。

任意保険は必ず加入しよう

自賠責保険は相手方に対しての最低限の補償をする保険です。車を運転する以上、いくら自分が注意して運転していたとしても他の車の不注意で予測不可能な事故が起きる可能性があります。

予測できない事故で賠償を求められたとき、賠償金は数百万や数千万円に及ぶことも珍しくなく自賠責保険ではカバーしきれません。

自分を守る意味でも任意保険は必ず加入しておいた方がよいと言えるでしょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

自動車保険の悩みや質問を無料受付中です!
たくさんの方に安心して自動車保険を見直しを検討いただきたい・・・そんな思いで疑問やお悩みを受付けております。当サイト責任者の鈴木がお答えします。お気軽にどうぞ!
お問い合わせはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定