このページでは、任意保険を請求する方法『一括払い制度』のメリットとデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

 

任意保険の『一括払い制度』とは

交通事故の損害賠償金は、加害者から直接支払われるのではなく、損害保険会社から支払われるのが一般的です。

人身事故の場合、対人補償は「自賠責保険」と「任意保険」の二段構造になっています。

自賠責保険で補償し、足りない部分を任意保険の対人賠償で賄う構造です。

損害保険会社では、膨大な量になる請求手続きの軽減や支払いの迅速化、そして被害者の救済を目的として、対人保険と自賠責保険の両保険を一括で支払う仕組みが採用されています。

この仕組みを『一括払い制度』といいます。

ワンポイントアドバイス

対人賠償責任保険の支払がない場合、あるいは自賠責保険の範囲内での損害金である場合は、一括払いは利用できません。

一括払い制度のメリット・デメリット

一括払いの最大のメリットは、言うまでもなく一括で手続きを簡易に済ませられる点。

デメリットとしては、慰謝料や物損の過失割合などで損害保険会社との示談交渉がこじれた場合、保険金を人質にされてしまうことです。

例えば損害保険会社の自賠責補償分の手続きを早く終わらせようと進めるとき。

あるいは、損害保険会社にとって有利な条件で示談を進める条件として、一括支払い制度を利用する場合もあります。

利便性だけでいうと、同じ損害保険会社で一緒に手続きするメリットは大きいでしょう。

損害保険会社の事故担当者と、よく打ち合わせをしながら迅速な対応がカギとなります。

もし、不信に思うような対応になった場合は、専門家などに相談し、正当な損害額を保険でまかなえるようにしましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定