外出先で車内にキーを置いたまま施錠したり、キーを紛失したりしてしまうと焦りますよね。

自動車保険に加入していれば、無料のロードサービスを利用することができます。

キーの閉じ込みや紛失にも救助してくれるので心強いですね。

このページでは「キーの閉じ込み・紛失」の対処方法をご紹介します。

キー閉じ込み・紛失の対処方法

「閉じ込み」と「紛失」。それぞれ処置の仕方が異なります。

キー閉じ込み

キーを閉じ込んだ場合、主に鍵穴から特殊工具を使って鍵を開ける(ピッキング)作業が行われます。

一般的な「ギザギザ」タイプのキーであれば、数分~数十分程度で開錠させることができます。

ただしベンツなど高級車に採用される特殊キーや、イモビライザーは、開錠が簡単ではないので時間を要すことがあります。

現地で開錠できない時は、最寄りの設備が整ったお店(鍵専門店など)までレッカー移動することもあります。

キーの紛失

キーを紛失したときは、開錠しても車を始動させることができないのでレッカー移動になります。

移動先は近ければ自宅まで搬送しますが、遠方の場合は整備工場やディーラーなどへ搬送します。

スペアキーが無いときは、合い鍵を作る必要があります。一般的なキーであれば数時間で合鍵ができますが、特殊なキーだと数週間かかることもあります。

各保険会社の対応サービス比較

代表的な保険会社の「キー閉じ込み」対応について調べてみました。

対応内容キー閉じ込みレッカー移動(無料)
アクサダイレクト35km
イーデザイン損保60km
ソニー損保50km
そんぽ24100km
三井ダイレクト50km
SBI損保〇(30分以内無料)50km
チューリッヒ〇(30分以内無料)100km
三井住友海上〇(30分以内無料)15km

全ての保険会社で「キー閉じ込み」の救助を無料で行っていますね。

ただし無料対応は、作業時間が30分以内までが条件のところもあります。作業時間を超過するときは別途費用を追加されます。

また、レッカー移動も走行距離の制限があります。距離を超過するときは1km単位で追加料を支払うのが一般的です。

自分でキーを開ける方法

キーの閉じ込みによる開錠は、ロードサービスを呼んだ方が得策ではありますが、時間帯や混雑具合によっては待たされることもあります。

実際に試したことはありませんが、自分でキーを開ける方法がyoutubeで話題になっていたのでご紹介します。

ひもがあれば、開けることができるようです。(悪用はもちろん禁止です。)

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定