自動車を乗り換えた時は、自動車保険を見直す最高のタイミングです。

また、家族が増えたり引越しなど環境が変わったときも、自動車保険を見直すことで保険料を安く抑えることができます。

見直すポイント

自動車保険は、年代が高いほど『保険会社任せ』になる傾向があります。

家族が増えたり、子どもが結婚したりしたときに車を運転する人や、車そのものの使用頻度が変わったり・・・。

見直した方がよいタイミングがいくつもあります。

必要のない補償に加入し続けることで無駄な保険料を支払うだけならまだ良いです。

必要な補償が入っていなかったために、万が一の事故で保険が出ないことになると…大変なことになります。

自動車保険の見直しはめんどうですが、更新のタイミングで必ず見直しましょう。

走行距離に応じて見直す

年間の走行距離が5,000km未満の人は、あまり車を使用しない部類にはいります。

車の交通事故は、年間の走行距離が長いほど発生率が高い傾向にあるため、走行距離に応じて保険料が比例して高くなります。

特に通販型の自動車保険では、走行距離を区分けして、走行距離が短い人ほど保険料を安くすることができます。

週末しかドライブしない人や、転勤などで極端に車を運転しなくなったときなどは、保険料を安く抑えるチャンスです。

状況により見直す

車の事故発生の統計上、年齢が若いドライバーほど事故を起こす確率が高いと言われております。

そのため、運転者の年齢が若い人ほど自動車保険料が高くなります。

年齢別に保険料を値引きするサービスが「運転者年齢条件」と呼ばれる特約です。

運転者の年齢を26歳以上や、30歳以上など条件を設定することで保険料を安く抑えることができるのです。

年代別で見直す

未婚で実家暮らしであれば、親の自動者保険に加入することができますが、結婚して独立するときは新たに保険に加入する必要があります。

また、結婚後は夫婦で自動車保険に加入する必要がでてきたり、子どもが運転するようになれば保険の条件も変わってきます。

ライフスタイルが大きく変わるタイミングで自動車保険の条件を見直しましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定