自動車保険の魅力的なサービスのひとつ。それは「ロードサービス」です。

各保険社で若干の違いがありますが、ほぼ同一のサービス内容を提供しています。

条件により無料でサポートを受けられるので、賢く利用しましょう。

自動車保険のロードサービス

自動車保険のロードサービスでは、急な故障や事故はもちろん、キーの閉じ込みなど日常のトラブルも、全国でサポートを受けることができます。

具体的には次の6つのサポートを受けることができます。

ロードサービスの種類
キーの閉じ込み・紛失ガス欠バッテリー上がり
脱輪パンクスタック
帰宅・宿泊費

保険会社により異なりますが、全国で約1万ヶ所の拠点を設けています。

1都道府県あたりで計算すると約200拠点。

万が一のトラブルで救援を呼びたいときは、全国どこからでもサポートを受けられます。

自動車保険のロードサービスは有料の特約ではありません。

自動車保険に加入すれば『無料』で付帯されるのが魅力的です。

自動車保険のロードサービスここがすごい!

自動車保険のロードサービスは、保険に加入すると無料で付いてくる特約です。

無料とは言え、サポート内容は目を見張るものがあります。

魅力的なポイントを3つご紹介します。

1.無料で救援してくれる

ロードサービスは「パンク」や「バッテリー上がり」など日常のトラブルから、「故障」・「事故」といった急なトラブルまで、あらゆるケースで救援を呼ぶことができます。

これらサービスは、作業時間やレッカー距離などの制限がありますが、条件の範囲であれば無料でサポートを受けることができます。

2.等級や保険料に影響しない

自動車保険は、保険を使うと等級がアップし、保険料も高くなるのが一般的です。

しかしロードサービスは「付帯」サービスなので、利用しても等級は上がりません。

もちろん保険料も上がらないので嬉しいですね。

注意
ロードサービスを複数回利用しても保険料は上がりませんが、過度な回数だと保険の継続を断られることがあります。ロードサービスはあくまで緊急時に利用するサービスです。利用回数は「年に1回」程度が目安でしょう。

3.JAFと同等のサービスを無料で受けられる

ロードサービスといえば、民間の最大手の「JAF」が有名ですよね。

JAFの会員になるには、年間4千円ほど必要になります。

自動車保険のロードサービスは、保険に加入さえすれば、同等のサービスを無料で受けることができます。

また、自動車保険のロードサービスでは、「帰宅費用の補償」など、JAFでは取り扱っていない独自サービスもあります。

JAFと自動車保険のロードサービスの違い

JAFと自動車保険。

サービスが重複するので、両方加入する必要はないですよね。

しかしJAFと自動車保険の最も大きな違いは、「契約の条件」にあります。

自動車保険のロードサービスは、サポートの範囲は契約車両のみ。友人の車両を運転した時などは、補償を受けられません。

一方、JAFの場合は契約者になるので、車を問わず補償を受けることができます。

JAFを合わせて契約したほうが良いかはケースバイケースです。自分にあった条件で選びましょう。

自動車保険の「ロードサービス」と「JAF」の違いを徹底検証!

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定