自動車保険では、保険を使った実績に応じて割引が受けられる等級制度があります。

例えば人身傷害保険。

自分や搭乗者がケガをしたときに補償を受けられる保険ですが、保険のみの支払いであれば等級に影響がありません。

これを「ノーカウント事故」といいます。

人身傷害保険のように等級に影響がなく、翌年も保険料が高くならないケースがいくつかあるのでご紹介します。

ノーカウント事故の例

保険を使っても等級は下がらないノーカウント事故。

主に次のようなケースでノーカウント扱いになります。

  • 事故で人身傷害保険が支払われた
  • 事故で搭乗者傷害保険のみ支払われた
  • 弁護士費用特約のみ支払われた
  • 自転車保険の特約を使った

 

人身傷害や搭乗者傷害保険のみが支払われたり、特約のみ支払われたケースではノーカウント扱いになるということですね。

ノーカウントになる特約の例

自動車保険には実にさまざまな特約があります。

特約は基礎となる保険に付帯する「おまけ」のサービスなので等級に影響はありません。

ノーカウント扱いになる代表的な特約は次の通りです。

  • ファミリーバイク特約
  • 自転車傷害特約
  • 搭乗者傷害特約
  • 無保険車傷害特約
  • 弁護士費用特約
  • 個人賠償責任特約
  • ロードサービス

 

特約を使っても等級に影響はありませんが、支払われる保険金は上限がありますのでよく確認しておきましょう。

ロードサービスも故障時のレッカー移動の距離やバッテリー上がりなどの救援時間に制約があります。

特約を使いすぎると更新できないこともある

自転車保険ファミリーバイク保険などは事故によりケガをした際に支払われます。

万が一の時に保険が出るのは嬉しいですが、年間と通して何度も利用するようだと保険の継続ができない可能性があります。

ロードサービスでは、年間で2回利用を上限としているケースが多いですね。

2回目以降は有料対応となりますが、利用しすぎに注意しましょう。

等級が「3等級ダウン」する 事故のケースと対策

等級が「1等級ダウン」する 事故のケースと対策

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定