自動車保険では「対人」・「対物」に対しての損害賠償を補償してくれます。

車両保険を付帯していると、自然災害による車の損害に対しても補償されます。

土砂災害による損害は車両保険で補償される

dosya1010

土砂災害により車が破損した場合、車両保険の補償対象になります。車両保険は通常「一般型」と「エコノミー型」の2種類があります。

いづれの契約でも土砂災害は補償の対象になります。

ただし自然災害でも補償外になるケースもあるので注意しましょう。

自然災害で補償される例

  • 土砂災害で車が埋まった
  • 洪水により車の内部に浸水した
  • 雹(ひょう)が当たりフロントガラスが割れてしまった

自然災害で補償されない例

  • 津波で車が流された
  • 噴火でよる火山灰で車が故障した
  • 地震で地盤沈下し車が破損した
一般的に車両保険で補償されない自然災害は地震・津波・噴火の3つです。これら3つの補償を受けるためには別途特約を付帯することでカバーできる保険会社もあります。

土砂崩れで車が埋もれると全損になる可能性が高い

集中豪雨が続くと、山間が地滑りを起こしやすくなるため局部的な土砂崩れが発生しやすくなります。

土砂崩れは車だけでなく、家屋にも大きな被害がでるので大災害につながりやすくなります。気象情報や警戒情報にアンテナをたてて、まずは身の安全を確保することが大切です。

万が一車が土砂災害に遭い埋もれてしまうと、土砂の圧力に押されて車が大破するでしょう。

車両保険の補償限度は、保険の契約時に設定した「車両保険金額」までとなります。

土砂災害ではほとんどの場合修理不可能な状態になるでしょうから、全損扱いで上限の車両保険金額が支払われることになると思います。

なお、保険で支払われたお金は、修理しようが何しようが用途は自由です。

車が引き続き必要で新車や中古車を購入するなら頭金に使いましょう。

土砂災害の損害で車両保険を使うと1等級ダウンする

serq0827

自動車保険で損害の支払いを受けると、等級がダウンします。自然災害で自動車保険を使った場合は、通常1等級ダウンとなります。

等級ダウンすると保険料が高くなります。1等級ダウンすると翌年より保険料が高くなりますが、その次の年からは元の保険料に戻ります。

修理費が安いときは、自腹で支払ったほうがかえってお得なこともあります。

土砂災害による破損はほぼ全損かとおもいますので保険を使ったほうがよいケースがほとんどでしょう。

当サイトでは、一般的な自動車保険の商品内容に基づいてご紹介しております。実際の契約内容は各保険会社により異なる場合がありますのでご了承ください。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定