自動車保険では、事故による相手へのケガや物品の賠償を補償してくれます。

事故は相手のいるケースばかりではなく、単独事故を起こすこともありますよね。

単独事故によって補償が受けられるのは、「自損事故保険」・「人身傷害補償保険」・「搭乗者傷害保険」の3つに限られます。

ポイントを押さえて安心の補償内容を手に入れましょう。

単独事故を補償する3つの保険

自損事故・人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の補償内容はそれぞれ異なります。

それぞれの補償内容をご紹介します。

1.自損事故保険

自損事故保険は、単独事故により運転者や搭乗者がケガをしたり亡くなった場合に補償される保険です。

自動車事故で負傷した場合は「自賠責保険」が支払われますが、単独事故では補償の対象外となってしまいます。

自損事故保険はそれを補う役割をしています。

保険会社により異なりますが、自損事故保険は対人賠償保険や人身傷害補償保険に自動的に付帯していることが多いようです。

自損事故保険では最大で1500万円程度の保険金が支払われるのが一般的です。

2.人身傷害補償保険

人身傷害保険は、自損事故保険と比べて補償内容が充実しているのが特徴です。

単独事故のみならず相手のいる事故においても補償を受けることができます。補償を受けられるのは運転者(自分)と搭乗者。

人身傷害保険の最大のポイントは、相手のいる事故で通常は示談成立後に支払われる保険金を、前もって受け取れるところでしょう。

実際に事故で負傷すると痛いほどわかりますが、ケガの通院や手術代に加えて、不自由な生活を補うために多額の出費がかさみます。

示談の成立は長いと半年や1年かかることがあり、その間に保険金を手に入れられないのは精神的にも経済的にも大きなダメージを受けます。

人身傷害賠償保険の「示談前支払」サービスは、いざというときに安心の補償だと言えるでしょう。

補償される金額は保険契約時に設定しますが、最大で無制限に設定できるのが一般的です。

人身傷害補償特約とは?

3.搭乗者傷害保険

搭乗者保険は他の保険と異なり、ケガをした個所によって定額の保険が支払われるのが特徴です。

補償されるのは、搭乗者のみだけでなく、運転者も対象になります。

補償の例としてチューリッヒ保険会社(2017年12月現在)の一例をご紹介します。

補償内容の例

部位  顔面頸部 上半身下半身
骨折または脱臼 45万円 15万円 60万円 15万円 25万円 
打撲、擦過傷、挫傷10万円 5万円 5万円5万円 5 万円  
欠損または切断 10万円30万円 80万円 
挫創、挫滅創、切創10万円 10万円 5万円 5万円 5万円 
神経、筋の損傷・断裂  110万円 10万円 80万円 35万円 15万円

参考:チューリッヒ保険会社

ケガの程度や事故の状況に関係なく定額が支払われるので、どの保険よりもスピーディに保険を受け取ることができます。

搭乗者傷害保険とは?人身傷害と搭乗者傷害の違いは?

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定