自動車保険では保険を使った実績に応じて保険料を安くする「ノンフリート等級制度」が採用されています。

無事故であれば1年ごとに1等級アップしますが、事故などで保険を使うと3等級ダウンします。

例外として、1等級のみダウンするケースもありますのでご紹介します。

1等級ダウンする事故の例

保険を使うと1等級ダウンする主な例は、次のようなものです。

  • 車に落書きされて保険が支払われた
  • 窓ガラスが破損し保険が支払われた
  • 車が盗難され保険が支払われた
  • 台風や洪水など自然災害で保険が支払われた

 

事故を起こすと通常は3等級ダウンする自動車保険。

1等級のみダウンするポイントは、自然災害やいたずらなど、「予測不可能な事情で車が破損した」場合に限られる、ということです。

なお、上述のケースで保険を請求できるのは、「車両保険」に加入している車両のみ。

車両保険も契約する保険タイプにより、補償の範囲が異なります。

わからなことがあれば保険会社に問い合わせてみましょう。

 

ワンポイントアドバイス
駐車場などで「当て逃げ」された場合は、3等級ダウンします。当て逃げも予測不可能な事故なので1等級ダウンと思いますよね…。
「当て逃げ」は、第3者により破損されたのかどうかの判断が難しく、例えば自損事故であっても「当て逃げ」として嘘の請求をすることも可能です。保険金詐欺に狙われやすい性質があるため、3等級ダウンとなるのです。

保険金の金額に関係なく等級が下がる

車両保険では、車種や年式による「協定保険価額」があり、保険金の上限として設定されています。

上限金の範囲であれば、数千円であっても数百万円であっても、保険を使えば均一の「1等級ダウン」となります。

等級ダウンすると保険料が高くなる

実際に保険を使い1等級ダウンした場合と、保険を使わない場合の保険料を見てみましょう。

 保険を使う場合保険を使わない場合
1年目78,000円52,000円
2年目52,000円51,000円
3年目51,000円50,500円
合計181,000円153,500円

保険を使うと翌年度より1等級ダウンしますが、翌々年度から元の保険料に戻ることができます。

3年間で約3万円ほどの違いであることがお分かりかとおもいます。

3万円を超える修理費であれば保険を使ったほうがお得ですし、それ以下であれば自腹の方がお得といえるでしょう。

等級が「3等級ダウン」する 事故のケースと対策

等級に影響なし!ノーカウント事故のケースと対策

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定