近年は山間部だけでなく、都心でも雪が積もることがありますね。

雪が解けると屋根やカーポートに積もった雪が突然落ちてきて、車がへこんでしまうことがあります。

特に都心部では雪に不慣れなこともあり被害が拡大する傾向にあります。

wiper022602

雪による車の損害は車両保険で補償される

車両保険は一般的に、保険料を抑えた「エコノミー型」と、補償を充実させた「一般型」の2種類があります。

雪による損害はいづれのタイプの車両保険でも補償の対象になります。

補償される例、されない例は次の通りです。

補償される例

  • 屋根雪が落ちて車のボンネットがへこんだ
  • 雪の重みでカーポートが破損し車が下敷きになった
  • 雪崩に巻き込まれ破損した

補償されない例

  • 落雪によりカーポートのみが破損した
  • 走行中に落雪を避けようとして家屋にぶつかった
  • 故意に雪を落として車を破損した

雪による家屋の破損は火災保険が対象

house1026

車両保険はあくまで「保険契約した車」のみに対し補償されます。

雪の重みでカーポートが破損したケースにおいては、補償の対象外になります。なお、火災保険に加入していると補償の多少になる可能性が高いでしょう。

詳しくは火災保険会社へ連絡し確認しましょう。

車両保険を使うと1等級ダウン

落雪や雪崩などの自然災害において車が破損した場合、車両保険を使うと「1等級ダウン」となります。

次年度から等級がひとつ下がるため保険料が高くなりますが、2年後にはもとの等級に戻ることができます。

つまり1年分保険料を高く払ったほうがお得か、自腹で修理したほうがお得か、いづれかの判断になります。

保険を使うべきか悩んだら迷わず保険会社へ相談しましょう。

なお、走行中のスリップにより相手の車にぶつかり破損した場合は”対物損害補償”が適用されます。対物補償の場合、「3等級ダウン」となります。

落雪・雪崩による被害を未然に防ぐことが大切

igotit0821

車両保険に入っていると落雪や雪崩による損害を補償してくれるので安心かとおもいます。

ただし、いざ破損し車両保険を使うとなると、次年度から保険料が高くなるので無傷で済むわけではありません。

できれば未然に被害を防ぎたいものですね。

落雪は気温が高くなると発生しやすくなるので、できるだけ屋根下に駐車するのを避けることが大切です。

また、カーポートはこまめに雪下ろしをすることで雪の重みを軽減することができ下敷きになるリスクを減らすことができます。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定