自動車保険は「21歳以上」や「26歳以上」など、運転する人の年齢を制限することで保険料を安く抑えることができます。

年齢制限は、自動車保険の契約時あるいは更新時に変更するのが一般的ですが、契約途中でも変更できることはあまり知られていません。

このページでは、契約途中に年齢条件を変更するメリットを中心にご紹介します。

運転者年齢条件とは?

運転者年齢条件は、運転する人の年齢を制限することで保険料を安くする仕組みです。

若い人ほど事故を起こすリスクが高いため、保険料が高く設定されています。

『運転する人の年齢を制限することで保険料を安くしましょう』という制度が、「運転者年齢条件」の特約です。

年齢制限は次の5パターンが一般的です。

  • 35歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 21歳以上補償
  • 年齢を問わず補償

「35歳以上補償」は保険料が最も安くなります。

一方で「年齢を問わず補償」の保険料が最も高くなります。

誕生日を迎える時は節約のチャンス

運転者年齢条件の特約をつかう最大のメリットは「保険料を節約できる」ということですね。

運転者年齢条件に適合する誕生日を迎える年は、保険料を安くできるチャンスです。

「では誕生日を迎えた次の契約から年齢条件を変更しよう!」と考える人が多くいますが、実は契約中でも変更ができることをご存知でしょうか?

例えば子どもが1月に26歳の誕生日を迎える場合、保険の満期がまだ数か月先であっても、誕生日の当日から変更の申請ができます

年齢制限による保険料の節約効果はとても大きいです。

契約内容にもよりますが、変更することで年間1万円前後安くなるケースもあるので嬉しいですね。

家族が車を運転しなくなった時も有効

子どもが進学や転勤で実家を出ていくことになり、当面は両親しか運転しないケースにおいても年齢条件の変更をすることができます。

ただし子どもが年齢制限外となった場合、お盆や正月などの一時帰省中は運転はできなくなるので注意が必要です。

契約期間中に何度か運転する機会があるときは制限すべきかよく検討しましょう。

ワンポイントアドバイス
年齢制限の対象外の人が急に運転する必要が出る時は、1日単位で契約する自動車保険「1day保険」というものがあります。1日500円程度で一般的な自動車保険と同等の補償内容で契約することができるのでおススメです。1day保険はセブンイレブンなどで取り扱っています。

保険料の返金手続き

年齢条件を契約途中で変更した場合、差額を返金(あるいは追加請求)することになります。

返金を受けるには、満期まで1ヵ月以上の期間が残っている必要があります。

差額の保険料は銀行振込で返金されるのが一般的です。手続きは各保険会社により異なりますので詳しくはお問い合わせください。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定