車両保険に加入していると、車同士の事故や盗難、災害などが原因で車が破損したときに修理費が補償されます。

ただし、車両保険で補償されるのは車体と付属品(カーナビなど)に限られます。

車内やトランクに置いていたデジカメなどの携行品は車両保険では補償されません。

そんな「対象外」の物を補償してくれる特約が「身の回り品担保特約」です。

trunk

身の回り品担保特約とは?

「身の回り品担保特約」では、車両保険で補償されない車内やトランクに置いていた身の回り品を補償してくれる特約です。

補償される身の回り品は、「日常的に使用するもの。そして個人が所有するもの」に限られます。

身の回り品特約で補償される例

補償される身の回り品の事例は次の通りです。

  • 事故で車に置いていたデジカメが壊れた
  • 車内に積んでいた食器が破損した
  • トランクに積んでいたゴルフケースが盗まれた
  • キャリアに固定したスキー板が折れた

ただし、補償の可否は保険会社により異なります。

例えば、キャリアに固定されたスキー板の破損は補償されても、キャリアに固定されたスキー板が盗まれた場合は補償されない可能性が高いでしょう。

身の回り品特約で補償されない例

身の回り品特約で補償の対象外になるものは主に次の通りです。

  • 自動車の付属品(カーナビ、カーステレオなど)
  • 商品など事業用の品物
  • 現金や有価証券など
  • 貴金属、宝石、美術品など
  • フラッシュメモリなどに記録されたデータ、プログラムなど

身の回り品で補償されない範囲

補償されない例は各保険会社によって異なりますが、おおむね次のような例になります。

  • 紛失した
  • 故意で破損した
  • 不注意で車内に置き忘れて盗まれた
  • 自然劣化で錆びたり故障した
  • すり傷など外見上の傷

例えば車に鍵をしないで離れたすきに、車内のデジカメが盗まれたというケースでは「不注意」かどうかが焦点になります。

不注意=重大な過失があると認められると補償が受けられないことになります。

補償金額は最大10万円~30万円が一般的

money0821

身の回り品特約の補償は各保険会社により異なりますが、おおむね最大10万円~30万円が一般的です。

補償される金額は、「時価額」で決定します。そのため年式が古い物は時価額が低くなるので承知しておきましょう。

また、保険会社により1回の請求で免責金額を設けているところもあります。

おおむね3,000円~5,000円程度が一般的で時価額から免責金額を差し引いた金額が支払われます。

身の回り品特約を使っても等級は下がらない

身の回り品特約を使用しても等級は下がりませんので、翌年の保険料に影響しません。

ただし車両保険を使用した場合は3等級下がりますので注意しましょう。

日頃から高価なものを車内に積んでいる方にとって「身の回り品特約」は心強い特約であるといえるでしょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定