車両保険では、『補償されるモノ』と『補償されないモノ』があります。

このページでは、車両保険で補償される範囲についてご紹介します。

車両保険で補償されるモノ

車両保険で補償されるモノは、次の3つです。

補償されるモノ 具体例
1.車両本体価格 車種・グレード別の本体価格
2.付属品 ・カーナビ(固定式)
・エアコン
・オーディオ
・ETC(固定式)
・スペアタイヤ など
3.消費税 1.本体価格と2.付属品の消費税

付属品は、あくまで車内に取り付けられている装備品のみ補償されます。

車両保険で補償されないモノ

車両保険で補償されないモノは、次の4つです。

補償されるモノ 具体例
1.固定されない装備品 ・ポータブルカーナビ
・外付けETC
・車載カメラ
2.税金(消費税以外) ・自動車取得税
・自動車税

・自動車重量税
3.納車費用 納車整備費用
4.諸費用 ・検査と登録費用
・車庫証明
・下取り費用

車両保険では、装備品として認められないモノや、諸費用などが補償の対象外になります。

社外エアロパーツやマフラーなどは、保安基準を満たしていれば、補償される可能性があります。

ただし、整備不良などが確認された場合は、補償の対象外となる可能性が高いので注意しましょう。

携行品を補償するなら特約がおススメ

車両保険では、社内に置いてあったデジカメや腕時計などが破損(あるいは盗難)した場合は残念ながら補償の対象外となります。

そのため、携行品を補償してくれる「携行品(身の回り品)特約」の加入がおススメです。
車内やトランクルームの貴重品を補償する「身の回り品特約」

ワンポイントアドバイス

携行品特約で補償されるのは、あくまで日常的に使っているモノに限られます。例えば次の物は補償されませんので注意しましょう。

現金、スマホ、ノート型パソコン、自転車、バイク、ラジコン模型、植物、動物、有価証券など

補償の限度額は毎年更新される

車は時間の経過とともに劣化が進みますので、時間とともに価値が下がります。

そのため保険料は変わらなくても、補償金額は毎年下がることに・・・。

補償の上限金額と保険料は、毎年の契約更新時に確認できます。

予算と相談し決めましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定