車対車の事故を起こした時、相手側の車の補償は「対物賠償保険」で修理代が支払われます。

事故で相手の車が破損しているということは当然、自分の車も破損しているはずですよね。

自分の車を修理するときの修理代は、自己負担する必要があります。

ただし車両保険に加入していると、自己負担分の修理費を補償してくれます。

car0728

自分の過失分の修理費が支払われる

車両保険で支払われる修理代は、事故の過失の割合で決まります。

例えば、修理費がそれぞれ100万円かかり自分と相手の過失が30:70のケースの場合は・・・

35万円(70%)が相手の保険から損害賠償金として支払われます。

残りの15万円(30%)は自分の過失なので自己負担となりますが、車両保険を付帯していると保険でまかなうことができます。

もし車両保険を付帯していないと、15万円の修理費は自腹で支払う必要があるのです。

なお、車両保険で支払われる事故は、車だけではなく、バイクや原付自転車との事故でも補償されます。

車両保険で支払われない例

車同士の事故で保険が支払われない例として、車の所有者が同一の場合などがあります。

同じ所有者の事故であると保険金詐欺の対象になることがあるので補償の対象外になります。

また、車両保険のタイプで「車対車」限定の時は、車の事故のみが支払い対象になります。

例えば車で他人の家屋に突っ込んだときは、自分の車の修理費は補償されません。

相手が無保険であった場合

車対車の事故の場合、通常は事故の相手が加入している保険から、過失に応じて対物賠償金が支払われます。

ただし相手が保険に加入しているとは限りません。事実、約3台に1台は無保険車であるため、それほど低くない確率で遭遇することになります。

もし事故の相手が無保険であった場合でも、車両保険で自分の過失分は支払われますので安心ですね。

自分の過失が0の場合

call0729

相手が無保険で、自分の過失がゼロ「0」の時は、「無過失車対車事故」が認定されます。

無過失車対車事故とは、追突や信号無視、センターラインオーバーなどの一定の条件を満たす事故で、明らかに自分に過失が無い場合に対象となる特例です。

無過失車対車事故に認定されると、相手が負担すべき賠償をすべて補償してくれます。

また、保険の等級もノーカウントなので保険料に影響はありません。

ちなみに保険会社は賠償金を立て替えて支払っているだけですので、別途、相手から賠償金の取り立てをおこないます。

個人で取り立てを行うと非常に労力と時間が必要になります。また必ず相手が支払うとも限らないので渋るかもしれません。

そんな不安を覚えるもなく、保険会社が代わりに取り立てを行ってくれるのが心強いですね。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定