事故や運転ミスで、相手の車やお店などを破損してしまった場合、「対物賠償保険」が適用されます。

対物賠償保険の補償範囲は、道路標識や信号機などの「物」はもちろん、車に積まれていた商品や、お店が営業できなくなった場合の損害賠償も含まれます。

ziko0827

対物賠償保険は「他人」のモノを補償する保険

対物賠償保険は、車や電柱など「物」を破損したときに支払われる保険です。

ただし、自分(被保険者)や自分の家族の「物」は補償されません。

 

対物賠償保険が適用されない人

  • 被保険者(自分)
  • 被保険自動車を運転中の人
  • 被保険者の父母、配偶者もしくは子

 

例えば家族が運転する車が、自分の家のガレージにぶつかり破損してしまった場合は・・・「対物賠償保険」が使えません。

自分の家のガレージではなく、他人の家のガレージであれば補償されます。

対物賠償保険で補償される範囲

ziko0712

対物賠償保険では、「物」に対する賠償(直接損害)が補償されます。

加えて「物」を壊したことにより、相手が本来得ることができた利益に対して(間接損害)も補償されます。

直接損害

直接損害は、相手のモノが対象です。

例えばコンビニ店舗やパチンコ店など、お店に突っ込み破損してしまった場合は、改修費用が補償されます。

また、電子機器や衣類など高額な商品を積み荷したトラックと事故に遭い破損した場合も補償されます。

直接損害の例

  • 相手の車
  • 電車、線路
  • 店舗、家屋
  • トラックの積み荷(電子機器、衣服、食料品など)
  • 道路標識
  • 信号機

間接損害

間接損害は、例えばタクシーと事故を起こした場合、タクシーの車両が使えない期間に得たであろう利益(逸失利益)が当てはまります。修理が完了するまでの営業利益が日割りで補償されます。

コンビニやパチンコ店の場合も同様に、店舗の修理により営業できない期間があった場合、その期間が間接損害として補償されます。

間接損害の例

  • 商業車両(バス・電車・タクシー・トレーラーなど)
  • 商業施設(コンビニ、デパート、ガソリンスタンドなど)
  • 社員の給与

間接損害は、特に電車など商業車両のケースで賠償額が高額になる傾向にあります。

商業施設も店舗が大きければ大きいほど規模が大きいため、修理期間が長引けばその賠償額も増大するでしょう。

補償額は過失の割合で大きく変わる

serq0827

対物賠償は、自分にどれほど過失があるかで大きく変わります。相手のいない自損事故の場合は100%自分に過失があるので全額負担になります。

相手がいる事故で自分の過失が60%の場合、仮に賠償額が100万円の時は60万円の負担となります。

対物賠償は必ず「無制限」を選択しよう

対物賠償で1億円や2億円かかる事例がありますが、レアケースといえるでしょう。

ただし破損した商業施設や車両(バス、電車など)によっては、高額になること間違いありません。

自分にどれほどの過失があるかによって実際の賠償額に差が出ます。

多額の賠償に備えて対物賠償保険の補償限度を「無制限」にしておきたいところです。

上限を2,000万円〜3,000万円に設定する場合と無制限に設定する場合では、それほど保険料に大きな差がないでしょう。

補償限度はケチらず「無制限」の設定をお勧めします。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定