最近は、テレビCMやネット広告などで盛んに「自動車保険の見直し」を呼び掛けていますよね。

しかし、本当に安くなるのでしょうか?

補償内容は充実しているのでしょうか?

自動車保険を選ぶ際に基準となる「通販型」と「代理店型」。

このページでは、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

まずは「自動車保険」について解説

1996年(平成8年)に新しい保険業法が施行され、自動車保険の販売が「損害保険会社」だけでなく「生命保険会社」も参入できるようになりました。

いわゆる「生損保相互乗り入れ」が始まって以降は、様々な保険会社が誕生したくさんの保険商品が発売されました。

多様な保険商品を選べることになった一方で、保険市場が飽和状態となり保険会社の合併や割引・特約の見直しが行われました。

現在は保険料やサービスが統一されてきたので、各社それほど大きな違いはありません。

ただし「代理店型」や「通販型」といった、”どこで入るか”により保険料やサービスが異なるため、加入の決め手となっています。

「通販型」のメリット

「通販型」は、代理店型と比べて保険料を安く抑えることができるのが最大のメリットですね。

安くできる理由。

それは、通販型の自動車保険の場合、中間コストをかけずに販売することができるからです。

代理店を介することなく、直接消費者が保険会社と契約できるのが「通販型」の大きな魅力ですね。

また、時間を気にせず自宅でネットや電話で手続きを進めて契約できるのが良いですね。

「通販型」のデメリット

通販型のデメリットは、オンライン上の契約であるからこそ「契約内容」については自己責任になる点です。

自分自身で補償内容を熟知して、納得の上で契約する必要があります。

保険のプロではない一般ユーザーが、思い通りに保険商品を選択するのは難しいと言われています。

通販型はよくよく内容を理解し契約しないと、思わぬ補償漏れが発生し、万が一の事故で保険が支払わないことになりかねません。

「代理店型」のメリット

代理店型のメリットは、保険のプロが対面でカウンセリングをしてくれるので、自分に合った保険・補償を選んでくれるところです。

保険の代理店は、保険会社からの手数料が収入源となるので、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応し、その時にあった補償内容を提案してくれます。

商品を販売するだけではなく、補償の定期的な見直しや更新時期をお知らせしてくれたりと、コンシェルジュ的な役割をしてくれます。

もちろん事故の受付もしてくれるので、いざというときに頼りになるでしょう。

「代理店型」のデメリット

代理店型のデメリットは、通販型に比べて保険料が高いということです。

保険の補償内容は代理店型と通販型で違いはありません。

しかし、代理店型は「代理店」の販売手数料が上乗せされる分、高くなってしまうのです。

また、代理店やスタッフによっては、質の悪いところもあるのも事実です。

不要な補償などを進めてくることがあるので、代理店を選ぶ際はある程度の目利きが必要です。

自動車保険の選び方

保険の選び方は人それぞれなので、「保険料」の安さを重視するか、それとも「サービス」を重視するか。違いがあるとおもいます。

自動車保険は「目に見えない商品」です。

保険や補償を選ぶときは、「何のために保険に加入するか?」いうことを考えてほしく思います。

保険は困ったときに役立つものですので、いざという時に使えないと元も子もありませんよね。

専門的な知識がなくても、「どういう時に役に立つ保険が欲しいか?」をイメージしてみましょう。

代理店に限らず通販型でも、カスタマーセンターなどで相談を受付けています。

せっかく保険に加入するなら、納得するまで遠慮なく聞いてみましょう。

どの保険を選ぶにしても予備知識があると良い

保険を選ぶ基準は保険料だけではありません。

例え代理店型で保険を選んだとしても、自分のライフスタイルに合わない保険を勧められることもあるでしょう。

代理店型・通販型どちらを選ぶにしても、事前にネットやパンフレットに目を通しておくことをオススメします。

ある程度の予備知識があると、惑わされることなく納得のいく契約をすることができます。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定