1年に1度訪れる自動車保険の更新。

更新は補助内容を”見直す”タイミングですが、ディーラーで契約したまま保険を継続している方も多いですよね。

面倒な”見直し”ですが、見直すことで保険料を安くできるだけでなく、補償やサービスを充実させられるかもしれません。

このページでは、見直しを行い、他社へ乗り換えるときの手順とポイントをご紹介します。

自動車保険の乗り換え手順

1.3か月前から申し込み開始

自動車保険は満期日からさかのぼり、約3か月前から更新の受付を開始します。

自動車保険は保険会社によって保険のタイプや保険料が異なりますが、補償内容も違いがあります。

運転する人の家族構成や走行距離などを見直して最も条件に近い保険を選びましょう。

まずは気になる保険会社へ見積もりを取るところから始まります。「善は急げ」です。

2.必要書類を用意する

自動車保険の見積もりを取る時はもちろん、契約時に次の書類が必要になります。

  • 現在加入している保険の保険証券
  • 運転免許証
  • 車検証

保険証券は、保険の種類や証券番号が明記されており、等級の引継ぎで必要な情報です。

車検証は車の型式が明記されており、車のグレード別で算定された保険料率を見積もるために必要です。

3.乗り換えることを保険会社に連絡しておく

自動車保険の乗り換えで気を付けなくてはいけないのは、「等級」の引継ぎです。

情報が不足していたり、手続きに不備があると等級が引き継げません。引き継げないと、初期の「6等級」にリセットされてしまいます。

保険会社に前もって「他社へ乗り換える」ことを伝えておけば、手続きがスムーズに進むでしょう。

4.新しい保険を契約して古い保険を解約する

新しく契約したい保険がきまったら、古い保険の満期日から継続するように日付を設定し申し込みましょう。

保険が重複する期間があると、事故の補償が受けられない場合があります。

特に保険会社の多くは、更新忘れを防ぐために「継続うっかり特約」が自動付帯しています。

継続うっかり特約は、満期日から31日間のみ有効です。

解約手続きを忘れると重複してしまいます。気を付けましょう。

他社へ乗り換えのメリット・デメリット

自動車保険の見直しは継続に比べて若干の手間があるのは事実(デメリット)です。

しかし見直すことで、現在のライフスタイルにあわせた補償内容を設定することが出来ます。

例えば走行距離割引は各保険会社で取扱いをしておりますが、制限が各社で異なります。より自分にあった走行距離に見直せると保険料を安く抑えることができます。

また、各社ロードサービスや事故対応サービスも違いがあります。見直すことで現在の契約以上に充実した補償内容を手に入れることができます。

自動車保険を他社に乗り換えるメリットとデメリットを分析!

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定