交通事故を起こしてしまった時、どう対処をすればよいかわからず戸惑いますよね。

事故が軽微だと、警察に連絡しないで示談交渉するケースも見受けられますが、オススメできません。

このページでは、事故の当事者同士が警察へ連絡をしないまま、示談した場合のリスクについてご紹介します。

交通事故を起こしたときの対処法

交通事故を起こしたときの「正しい」手順を時系列に確認してみましょう。

  • 事故の相手にケガがないかを確認
  • モノが壊れて影響を受ける人を確認
  • ご自身にケガがないか確認
  • 警察に連絡
  • 目撃者がいない確認し連絡先を聞く
  • 相手の連絡先を確認
  • 加入する保険会社へ事故報告
  • 事故現場の写真を撮る
  • 警察の現場検証に立ち合い状況を伝える
  • (通勤途中の場合は会社に連絡)

交通事故を起こしたら、警察へ連絡することが義務づけられています。(道路交通法72条1項)

必ず警察へ通報しよう

もし、起こした交通事故が軽微だったら…。

「警察を呼ばずに、当事者だけで話し合いで済ませてしまおう」

と考えてしまいがちです。

しかし、事故発生時に警察への届け出をしておかないと、警察に事故の記録がされません。

後日に体調の変化があり病院へ行ったとしても、交通事故によるケガとして認めてもらえなくなります。

警察へ連絡し「事故証明」をもらわないと、保険金の支払いを受けられないので注意が必要です。

小さな事故でも物損事故でも、必ず警察への通報は行いましょう。

 警察に連絡したくないケース

リスクがあることを承知で警察へ事故報告をしない人もいます。

小さな事故だからという理由だけではなく、警察に報告することで「不利になる」場合です。

例えば、加害者の違反点数

事故を起こすと「免許停止」や「免許取り消し」が確定してしまう人は、警察への報告を避けたいと思うでしょう。

また、無免許運転や無保険の場合。

加害者側の都合で、有利に交通事故が処理されないよう、警察への報告をしっかり行いましょう。

加害者になってしまった場合も、スムーズな解決をするために、速やかに連絡することが大切です。

被害者が安心できるように配慮することが大切です。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定