自動車保険では、事故歴に応じて契約者を20段階の等級に分け、保険料を上下させる「等級制度」を採用しています。

この等級制度は「ノンフリート等級制度」と呼ばれており、国内の保険会社は同一の基準を採用しています。

等級制度は2013年10月に改定されました。

それ以降は、同じ等級でも「事故歴あり」と「事故歴なし」の2つに分類され、それぞれに割引率が適用されるようになりました。

hason0924

「事故歴あり」は事故有り係数を用いて計算する

「事故歴あり」と「事故歴なし」を比較すると、「事故歴あり」の方が割引率が低くなります。

1等級~20等級までの割引率は次のようになります。

等級割引率
事故なし事故あり
164%(増)
228%(増)
312%(増)
42%
513%
619%
730%20%
840%21%
943%22%
1045%23%
1147%25%
1248%27%
1349%29%
1450%31%
1551%33%
1652%36%
1753%38%
1854%40%
1955%42%
2063%44%

※2016年11月現在

1等級~3等級までは、事故あり・なしに関わらず一律で保険料が割り増しになります。

ちなみに自動車保険に初めて加入したときは、6等級からスタートします。

はじめの段階ですでに19%割引されている計算ですね。

事故あり係数の適用期間は最長6年間

serq0827

一度、事故を起こすと「事故あり係数」で計算されますが、一定の期間を過ぎれば「事故なし」で計算されます。

「事故あり」から「事故なし」へ戻れる条件は次の通りです。

  • 1等級ダウンしたときは1年間事故あり係数で計算する
  • 3等級ダウンしたときは3年間事故あり係数で計算する
  • 事故有係数の期間中に再度事故を起こした場合は最長6年間の加算
例えばAさんが事故なしで10等級だったのが、事故を起こしてしまい8等級にダウンしたとします。事故を起こした翌年からの契約は「事故あり係数」で計算されてしまいます。3年間無事故であれば、元の10等級に戻ることができ、同時に「事故あり係数」の適用期間も終了となります。

保険会社の間で等級情報は共有されている

事故あり係数が適用されたり、等級が低いために割引率が低い場合は・・・なんとか帳消しにできないかと考えますよね。

もし他の保険会社へ乗り換えれば、新規の申し込み扱いで帳消しできそうな気もしますね。が、そうはいきません。

ノンフリート等級制度は保険会社の間で情報共有されており、契約前に情報の確認を行っております。

そのため、保険の契約時に本当は1等級なのに10等級と嘘をついて申告してもバレてしまうわけですね。

「事故歴あり係数」の適用期間中は、割引率も良くないため損した気分になるかもしれません。

しかし1年~3年我慢すれば、元の「事故なし」等級へ戻ることができます。

あせらず日々の安全運転を心がけて「その日」を待ちましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定