万が一の交通事故で多額の賠償金の請求…。

自賠責保険や任意保険は、自分を守る最後の『頼み綱』になりますね。

いざ保険金を請求するときは、

  • どのような手続きが必要か?
  • 何を準備したらいいか?

日頃から知っておきたいところです。

このページでは、保険金の請求についてご紹介します。

保険請求で必要な書類

事故の内容や保険会社によって必要な書類は変わってきます。

自動車事故の場合は、おおむね以下の書類の準備が必要となります。

保険会社所定の書類

保険金請求をするために契約者(被保険者や家族を含む)が請求を申告する書類。

そして個人情報や治療情報などのセンシティブ情報(要配慮個人情報)に関する同意書などがあります。

  • 保険会社所定の保険金請求書
  • 各種個人情報同意書

運転免許証等の身分証明書

交通事故であれば、免許証のコピーは必須です。

ケガの症状、死亡した場合によって、必要な書類が変わってきます。

自賠責保険証明書

人身事故の場合に必ず自賠責保険を請求することになるため、自賠責保険証明書が必要になります。

自動車のダッシュボードなどに搭載されているか、日頃から確認しておきましょう。

車検証

車検証も必ず必要になります。

自動車のダッシュボードなどに搭載されているか確認しておきましょう。

交通事故証明書

事故が発生したことを証明する書類です。

警察や、市区町村の役所、あるいは病院で発行されます。

この書類がないと、保険金の請求が出来ません。

発行までに時間を要すので、速やかに手配をしましょう。

病院で発行してもらう書類

人身事故の場合、保険金額を算定するために次の書類が必要になります。

  • 診断書
  • 治療の領収証
  • 画像診断写真
  • 源泉徴収票や確定申告書
  • 死亡証明書や後遺障害診断書

発行まで時間を要すことがあります。

書類が揃わないと保険金の請求ができないので、速やかに手配をしましょう。

保険会社が用意する書類

自賠責保険の請求や、被害者との示談書の作成は、保険会社が行ってくれるのが一般的です。

主に次の書類を保険会社側が用意します。

  • 自賠責保険金支払い請求書
  • 事故発生状況報告書
  • 示談書及び損害賠償金の支払い
  • 損害賠償請求権者の書類

書類の用意は保険会社の指示を聞く

人身事故、あるいは物損事故。

いずれの事故であっても保険会社の担当者が丁寧に教えてくれます。

わからないことがあれば確認をして、速やかに準備を進めましょう。

事故に遭うと、思わぬところでお金が掛かります。

医療費の立替が発生する場合もありますので、生活の再建にも役立ちます。 

保険金請求の7手順

保険金請求の手順も保険会社や代理店に連絡するかによっても変わってきますが、おおむね次の手順になります。

1.契約者から事故発生の連絡

事故を起こしたら速やかに保険会社へ連絡をしましょう。

2.保険会社との事故対応の打ち合わせ

保険会社から担当者決定の連絡がありますので、今後の対応方法について確認しましょう。

3.保険会社から必要書類の案内

事故の内容や状況により、郵送で必要書類の案内が送られます。

内容をしっかり確認して、わからないことがあれば都度、担当者に確認しましょう。

4.保険会社から解決に向けた協力

相手がいる事故の場合、交渉の状況や不安なことなどがあれば都度相談し解決しましょう。

5.保険会社から経過の案内

相手との交渉などが必要だった場合は、状況や進捗の共有を適宜してくれます。

6.被害額の決定、示談解決、締結

保険会社の損害の調査によって、損害額が決定します。

算定された保険金額にのっとり保険金の支払いがあります。

7.保険会社から解決の案内

保険金の支払いによって、その事故が解決した旨、書面での案内があります。

 

事故の請求については、難しいことがたくさんあります。

保険会社の担当者(あるいは保険代理店の担当者)に確認して進めて行きましょう。

保険会社の担当者は保険のプロです。必ず良い解決方法を導き出してくれます。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定