交通事故で自分に過失があるときは、法的な賠償義務は発生します。保険の賠償額の上限を「無制限」に設定しておくと、賠償義務の範囲内で発生した賠償金を全額補償してくれます。

賠償金は相手にケガを負わせたり、物を壊したりしたときに発生します。事故の程度や損害によっては高額な賠償義務が発生することがあります。

なお、賠償が発生するのは「対人」と「対物」の2通りがあります。それぞれについてご説明します。

対人の賠償金の最高額は5億円

対人で発生した高額な賠償金の例は次の通りです。

 賠償額被害者状況
No.15億843万円41歳男性、眼科開業医死亡
No.23億7,829万円21歳男性、大学3年生後遺症
No.33億6,756万円33歳男性、会社員後遺症

過失の割合と、負傷を負わせた相手と年齢によっては億単位の賠償義務が発生します。

対人賠償の内訳

対人の賠償金の内訳は、相手の治療費だけではありません。後遺障害が残れば将来の介護料や家族への慰謝料などが含まれます。

賠償金内容
治療費事故により通院や入院をした場合の実費と交通費
逸失利益事故にあわなければ将来得ていた収入
慰謝料事故により傷ついた内面の損害賠償
介護料後遺障害が残り将来かかるであろう費用

逸失利益は所得が高額な人ほど高くなる傾向にあります。慰謝料は本人だけではなく、家族も適用されるケースもあるため、賠償額が高額になるのです。

対物の賠償金の最高額は2億6千万円

対物の賠償では単に相手の車の損害だけにとどまりません。

トラックの積み荷やお店など資産価値が高いものに損害を加えると驚くほど高額な賠償義務が発生します。

過去の高額事例は次の通りです。

 賠償額被害者状況
No.12億6,135万円トラック積み荷の高級衣服が消失
No.21億3,450万円パチンコ店店内破損し改修に伴う業務停止
No.31億2,036万円電車踏切に立ち往生し電車と衝突

例えばパチンコ店のようなケースでは、店舗の損害を賠償する義務はもちろん、店舗を修繕する間に本来得られた売上も賠償する義務が出てきます。

積み荷は精密機械や衣服のような高額な商品を破損させてしまうと非常に高額になってしまいます。

無制限に設定していないと差額は自己負担

対物事故と物損事故で深刻なケースでは億単位の賠償義務が発生することがお分かりかと思います。

仮に上限を3,000万円と設定していた場合、賠償請求が1億円だと差額の7,000万円が自己負担となってしまいます。

賠償額が億を超えると、一般的には一生涯で支払うことは難しいでしょう。賠償請求だけで人生を棒に振ることになりかねませんので、上限は「無制限」にする必要があるのです。

なお、対人・対物賠償保険のいずれも「無制限」に設定してもそれほど大きく保険料は変わりません。

賠償の上限はケチることなく、必ず無制限に設定しましょう。

保険会社が無制限の補償ができる理由

無制限という意味合いからして支払の上限が無く青天井かと連想しますが、必ずしもそうとは限りません。

賠償義務が発生するのは、法的に支払いが認められたケースに限られるので、ある程度の制約があります。

それでも場合によっては億単位で高額な賠償が発生することがあります。

そんな時に備えて各保険会社は「再保険」と呼ばれる保険に加入しています。巨額な賠償が発生したときは、他の保険会社から支払いを補てんする仕組みになっているので「無制限」の対応ができるのです。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定