自動車保険を選ぶ際に、最も重要なポイント。

それは、『事故対応が充実している』ことです。

最近は保険料負担を少しでも安くするために、ネット系損保や外資系損保で契約する人が増えています。

保険料が安いのはうれしいけど、事故対応は大丈夫?

このページでは、良い保険会社の選び方を、『事故対応』に焦点を当ててご紹介します。

顧客サポートランキングの1位は「ソニー損保」

トライベック・ブランド戦略研究所が発表した自動車保険会社のサポートランキングの1位はソニー損保でした。

以下、ランキングの結果です。

順位保険会社評価
1ソニー損保81.4点
2アクサダイレクト79.9点
3チューリッヒ75.7点
4損害保険ジャパン73.6点
5セコム損保70.4点
6イーデザイン損保68.5点
7三井ダイレクト67.7点
8アメリカンホーム・ダイレクト64.7点
9SBI損保60.9点
10あいおいニッセイ同和損保59.2点
11東京海上日動火災保険56.6点
12三井住友海上火災保険56点

<参考:ブランド戦略通信2014年

上の表の評価は、自動車保険のサポートを受けた顧客が「対応の有用度」と「問題の解決率」から算出した結果になります。

満点は100点ですが、80点台の高い評価を得ているのがソニー損保とアクサダイレクトの2社だということになります。

事故対応は自動車保険を選ぶうえで最も重要なポイントです。参考にしましょう。

事故対応は保険商品のカナメ

保険会社の事故対応とは、保険商品の『価値』そのものです。

カナメとなるのは次の4点です。

  • 交通事故に遭ったときに満足のいく事故対応をしてくれる
  • しっかりと保険金を受け取ることができる
  • 被害者に賠償金がしっかり支払われる
  • 一連の対応を迅速に行ってくれる

各保険会社のCMやウエブサイトを見ると、この4つの価値をPRをしていますよね。

事故対応で契約者が関わるのは、コールセンターやサービスセンターという名称の部門に電話をかけます。

そして現場へ駆けつけるアジャスターや、保険金額を決定する部門など。

保険会社の様々な部門が連携して1つの事故の対応に当たります。

自動車保険の付加価値とは?

たくさんの保険会社の中から、保険商品を選択するのは大変なことです。

保険会社は、保険料だけではなく、様々な特約やサービスを盛り込み付加価値で勝負をしています。

保険商品は、”形の無い”商品なので付加価値が商品価値そのものになります。

安さや付加価値だけにとらわれてしまうと、補償を勘違いして契約したり、間違えてしまうことがあります。

惑わされずに納得のいく補償内容で契約することが大切です。

保険を選ぶ5つのポイント

実際に保険を選ぶときに大切なポイントをご紹介します。

1.電話対応

電話対応の良し悪しは人によって差がありますが、

  • たらいまわしにされないこと
  • スムーズに要点を絞って対応してくれる
  • スムーズに目的(事故解決など)に向かっている感じがわかる

この3つが需要になります。

このうち一つでも欠けている保険は選ばないほうが良いでしょう。

自動車保険のプロが選ぶ!電話対応が充実している保険会社はどこ?

2.サービス拠点数

特に外資系保険会社では、人件費のコスト削減のために、地方に数点の拠点のみで営業をしています。

いざ事故に遭って保険を使いたいときに人手が足りないようだと…。

迅速な事故対応には結びつきません。

日本全国各地にサービス拠点があり、事故現場に駆け付けることができる体制が望ましいですね。

3.レッカー移動の距離

今の自動車保険のロードサービスは、レッカー移動の距離に差がありません。

ただし、JAFの会員であるなどの特典により、+αの付加価値を得ることができる保険もあります。

遠隔地での事故、旅行中、出張中での事故でも安心です。

4.代車、キャンセル等の事故時のサービスや特約対応

旅行中、出張中の事故は、わからない土地での事故だけに不安ですね。

また、事故や故障の状況により、すべての予定が遂行出来なくなる可能性があります。

そんな場合は、当日キャンセルの対応ができる特約が付帯されていると安心です。

契約内容を確認してみるといいでしょう。

5.経験

事故対応は、経験が重要です。

現場に掛け付ける「アジャスター」は、経験がモノを言います。

事故の状況、車の状況を事故現場やその状況をみて判断できます。

大きな後ろ盾となるでしょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定