ロードサービスの出動で最も多いのが「バッテリー上がり」です。

特にヘッドライトの消し忘れが原因でバッテリーを上げてしまうんですよね。

このページではバッテリー上がりの対処方法をご紹介します。

バッテリー上がりの原因

そもそもバッテリー上がりを起こす原因とは?主に次の2つの理由がります。

1.充電不足

バッテリー上がりの原因は、ほとんどが「充電不足」です。

ヘッドライトを消し忘れると、数十分で充電不足になってしまいます。

充電不足の時は、他の車両から電気を分けてもらうことで始動できます。

2.バッテリー液の不足

バッテリー液が不足すると、十分な充電ができなくなり電圧不足となります。

エンジンルームを開いてバッテリー液の量を確認しましょう。

バッテリー液が足りないときは補充する必要があります。

バッテリー液の減りが極端に早いときは、「過充電」が考えられます。過充電とは、必要以上に充電してしまうトラブルです。オルタネーター(充電モーター)などの故障が考えられるので、無理な走行は避けましょう。

ロードサービスを呼ぼう

バッテリー上がりの救援は、自動車保険のロードサービスで対応してくれます。

ロードサービスで行われる処置は、主に次の2パターンあります。

1.ジャンピングでエンジンを始動させる

ジャンピングとは、別の車のバッテリーをケーブルでつなぎ、電気を充電させる方法です。

「他の車のバッテリーを代用してエンジンを始動させる」と言えばイメージしやすいでしょうか。

ジャンピングをすることで、簡単にエンジンを始動させることができます。

エンジン始動後は、オルタネーター(充電モーター)が始動し、自力で充電することができます。

バッテリーに充分な充電ができるまで2時間ほどかかります。その間はエンジンを止めないでおきましょう。

2.整備工場などへレッカー移動する

バッテリー本体やオルタネーター(充電モーター)が破損・故障している時は、現場で修理することができません。

直せないときは、修理可能な整備工場やガソリンスタンドなどへレッカー移動してくれます。

各保険会社ロードサービスの比較

代表的な自動車保険会社のロードサービスの内容をまとめてみました。

対応サービスバッテリー上がりレッカー移動(無料)
アクサダイレクト35km
イーデザイン損保60km
ソニー損保50km
そんぽ24100km
チューリッヒ100km
三井ダイレクト50km
SBI損保50km
セコム損保50km
三井住友海上15km

ジャンピングによる緊急救援は、全ての保険会社で無料対応してくれますね。

レッカー移動するときは、各保険会社によって移動距離の制限が異なります。

ソニー損保の統計では、レッカー移動を利用した96%のユーザは「50km以内」の移動距離だったとのことです。(2016年実績)

最寄りのガソリンスタンドであれば、よほど人里離れた地域でない限り、そう遠くはないはずです。

全ての保険会社で最低15kmは無料レッカーしてくれるので、その範囲内でレッカー移動が済むとうれしいですね。

自力でバッテリー上がりを対処する方法

ロードサービスを利用できるのは年間で1~2回程度と制限があるのが一般的です。

また、応援に駆けつけられる車両も数に限りがありますので、混雑しているときは待たされることも…。

そんなときは、自力で対処することも考えましょう。

具体的な方法は次の3つです。

1.ジャンピングする

周りに協力してくれる車両とブースターケーブルがあれば、ロードサービスを呼ばなくてもエンジンを始動させることができます。

遠方に出ている時は、宿泊施設や商業施設にケーブルを置いている場合があります。確認してみましょう。

ブースターケーブルは、Amazonで1,500円程度で売っています。1セット車内に置いておくと安心ですね。

Meltec ( メルテック ) 緊急ケーブル ブースターケーブル ML-911

2.エンジンスターターを利用する

エンジンスターターは小型の充電器です。50%以上の充電があれば数秒でエンジンを始動できるすぐれものです。

バッテリー上がりを起こす前に事前に購入するか、あるいは周りの人に借りる必要がありますが、あると便利ですね。

Amazonで4,000円程度で購入できます。

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター

3.押しがけをする

マニュアル車限定の方法になりますが、車を押すことでエンジンをかける方法があります。

具体的には次の1~3の手順で行います。

  1. キーをONにしてギアを2速に入れる
  2. クラッチを踏んで後ろから押してもらう(下り坂であれば押さなくてOK)
  3. 時速15km程度になったタイミングで一気にクラッチを離す

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定