交通事故を起こしてしまったときは、とても慌ててしまいますよね。

交通事故を起こしてしまったとき、被害者の対処はどのように進めていけば良いのしょうか?

誠意ある対応とは?

大切なポイントは何でしょうか?

被害者の方へ「誠意」ある対処方法についてご紹介します。

交通事故を起こしてしまったとき

自分自身が自動車を運転していて事故を起こしてしまった場合、とても焦ってしまいます。

相手が自動車、自転車、徒歩など、その時々のシチュエーションは違いますよね。

相手にケガをさせてしまった時には、事故をしたことに対する「お詫び」と「誠意」を伝えることが必要です。

お見舞いに行く前に保険会社へ連絡する

相手が入院している場合、お見舞いに行く前に、まず保険会社にお詫びをする旨を相談しましょう

そして、可能な限り保険会社の担当者に同行してもらいます。

お互いに過失があり、まだ割合が決定していない段階で当事者同士が直接面談することは避けたいものです。

お互いに、過失割合について主張してしまいますので、第三者がいないところで処理を進めてしまう危険性があるからです。

過剰な賠償責任を負うことがないよう、示談交渉をする保険会社の担当者に何も報告なく、当事者同士のみで接見することは避けましょう。

相手へ誠意を伝える大切なポイント

相手が負傷し病院で入院している場合は、お見舞いに行くことが大切です。

手術を要するケガであった場合は、手術後どれくらいのタイミングでお見舞いに行ったら良いか?

また、回数はどれくらい行くべきか?

判断が難しいですね。

まず、相手の方が入院し手術を要するようなケガであった場合は、手術後1週間後くらいが良いでしょう。

もし、お相手の方が面会を拒否されている場合でも、何度も会ってくれるまで行きましょう。

お見舞いの際には、菓子折りを持っていきますが、熨斗は不要です。

ただし、押し付けではいけません。

持ちを伝え、5分程度でその場から失礼しましょう。

お詫びは、電話ではいけません。

事故の際に、お相手の住所を必ず聞くようにし、おわび状をお送りしましょう

病院またはご自宅にお見舞いに行った際、必ず会ってくれるとは限りません。

事故を起こしてすぐに、まずは、お手紙でお詫びの気持ちを伝えましょう。

お見舞いに伺う際には、華美な服装や持ち物やアクセサリーは避けましょう

身の丈に合った服装でないと、高額な示談金を請求される可能性があります。

「誠意」とは相手の気持ちに立つこと

事故はできれば起こしたくはないですし、できることなら被害者やその家族との面会も避けたいと思いますよね。

事故の被害にあった方も、事故直後は感情的になっているかもしれませんし、負傷した個所が痛み精神的にも肉体的にもストレスが溜まっているかもしれません。

誠意ある対処は、相手の気持ちに立った対応が必要です。

ご自身がお相手の立場になって「どういう態度を示してほしいか」考えることが大切です。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定