海岸部に大型の台風や低気圧が近づくと、うねりを伴った「高潮」が発生しやすくなります。

特に海面の水位が高くなる滿汐(みちしお)の時間帯に重なると、高潮が大きくなり堤防を越えることがあります。

takasio1031

高潮の被害は車両保険が使える

自動車保険の「車両保険」を付帯していると、高潮で車の被害があったとしても補償の対象になります。

補償される具体的な例として次のようなものがあげられます。

補償される例

  • 高潮が車の中に入り込み浸水した
  • 高潮により車が流され破損した

補償されない例

一方で補償されない例として次のような事例があげられます。

  • 津波が車の中に入り込み浸水した
  • 津波により車が流され破損した
  • 高潮で車が流され他人の家を破損させた
高潮は予測不可能な自然災害です。そのため、高潮で車が流され他人の器物を破損させたとしても損害賠償は生じません。

「高潮」と「津波」は別物

umi1031

高潮も津波も海面の水位が上昇し陸へ押し寄せる自然災害です。

しかし保険の補償が受けられるのは高潮被害のみで、津波は補償されません。

津波が補償されない理由は、保険金の支払いが一度に巨額になる可能性があるためです。

津波被害では一度の災害で何万台規模の損害が発生することがあり、保険金の支払いが困難になるためです。

津波と同様に「地震」が起因する全ての災害に対して補償されません。

津波・地震による車の損害は保険で補償されない

高潮損害を請求すると「1等級ダウン」する

高潮で車が破損し保険を使った場合、1等級ダウンします。

また、保険会社により1等級ダウンに加えて「事故あり係数1年」を加算されることがあります。

1等級ダウンすると翌年の保険料は高くなりますが、翌々年から元の等級へ戻ることができます。

高潮被害にあうと廃車になる可能性が高い

money0821

 

高潮の被害に遭うと、海水がエンジン内部、あるいは車内に入り込んでしまい浸水します。

また、近年の車は精密なコンピュータ制御(ECU)で動作しています。ある程度の防水設計はされていますが、被害が大きいと一発でショートしてしまいます。

ショートした個所を見つけ出し修理をするのも膨大な労力と作業費が必要になるでしょう。

例え修理できたとしても海水に浸かった車は錆びやすいため、後々に不具合が出る可能性があります。

沿岸部に住む人は高潮に日頃から備えをしていますが、レジャーで遊びに来た人は突然の高潮で被害に遭いやすい傾向にあります。

低気圧や台風が近づいている時は、なるべく海岸部に近づかないように心がけましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定