交通事故で相手にケガを負わせてしまった場合、治療費や慰謝料などの賠償金を支払うことになります。

相手が重症な時は、治療も長引きます。また、慰謝料などの賠償金も加算されるため、総額するととても高額になります。

対人賠償保険は、事故でケガを負わせた相手を守るための保険です。いざという時に高額な賠償金をしっかり払えるよう、必ず加入しておきたいところです。

ziko

対人の賠償金は自賠責保険だけでは足りない!

車を所有している人は、必ず自賠責保険(強制保険)に加入する義務があります。

自賠責保険は「対人」賠償保険なのに、わざわざ任意保険に加入する必要があるのでしょうか?

自賠責保険と対人賠償保険は、補償内容はほぼ同じです。しかし、補償額に大きな違いがあります。

自賠責保険の補償内容

適用される損害支払われる限度額
傷害120万円
後遺障害後遺障害の程度により75万円~4,000万円
死亡3,000万円

自賠責保険の補償額は、傷害(ケガ)で120万円、後遺障害で最高4,000万円、死亡で最高3,000万円になります。

一見すると充実した補償内容に思えますが、実際の事故では上限を軽く超えてしまうことがあります。

自賠責保険の限度額を超えた時が任意保険の本領発揮

money

例えば事故でけがを負わせた相手が入院し、治療で200万円かかった場合は・・・。まず自賠責保険の傷害で限度額の120万円が補償されます。

任意保険に加入していると、残りの80万円を補償してくれます。もし任意保険に加入していないと、80万円は自己負担になります。

80万円であればローンを組んででも何とか返済できる金額ですよね。

しかし、「対人賠償」では個人では支払えないほど賠償額が高額になることが多くあります。

個人で支払えないほど高額になる賠償金

どうして対人の賠償金は高額になる傾向にあるのでしょうか?

それは、支払うべき費用が何種類もあるためです。費用が積み重なることで高額になるのです。

賠償金内容
治療費事故により通院や入院をした場合の実費と交通費
逸失利益事故にあわなければ将来得ていた収入
慰謝料事故により傷ついた内面の損害賠償
介護料後遺障害が残り将来かかるであろう費用

過去の例を取ると、40代の開業医師を死亡させた賠償金が5億円の実例があります。

他にも大学生に後遺障害が残った賠償金が3.7億円など高額な賠償額が実在します。

自賠責保険では死亡した場合でも4,000万円が限度になるので、5億円の賠償金だと4,6億円が自己負担になります。

1億円を超える賠償額はレアケースかもしれませんが、個人では到底支払うことができない金額になります。

任意保険の賠償限度額は「無制限」がおススメ

igotit0821

対人の賠償金額は事故の度合いが深刻であればあるほど高額になります。

万が一の事故で高額な賠償金を支払うことになるリスクを考えると、任意保険は必ず加入しておきたいところですね。

任意保険では、対人賠償額の上限を2,000万円や3,000万円など設定できます。

上限は設定できますが、必ず「無制限」にしておきましょう。

対人賠償保険は限度額を無制限にしてもそれほど保険料が高くなることはありません。ここはケチるけとなくしっかり補償しておきましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定