交通事故を起こす確率は、走行距離と比例していることをご存じでしょうか?

走行距離が少ないドライバーは事故を起こしにくく、反対に走行距離が多いドライバーは事故を起こしやすいのです。

そのため自動車保険では、走行距離に応じた割引制度を設けています。

このページでは、走行距離で割引を受けるときのポイントをご紹介します。

年間走行距離の申告は2タイプある

年間の走行距離は、「過去1年間の走行距離を申告」する場合と、「予想して自己申告」する場合の2パターンあります。

保険会社によりどちらか異なりますので、事前に確認しておきましょう。一例をあげると次のようになります。

過去1年間の走行距離予想して自己申告
・アクサダイレクト
・セゾン自動車
・ソニー損保
・チューリッヒ
・イーデザイン損保
・アメリカンホーム
・そんぽ24

いずれの申告も、保険会社が距離を確認したり計算したりすることがなく自己申告となります。

実際の走行距離より少なく申告すると保険がおりないことも

走行距離が短いほど保険料が安くなるので、実際は年間1万km走行だけど3,000kmに過小申告しようと考える人もいるかもしれません。

申請は自己申告なので、過小申告でも契約することができます。

ただし実際事故が起きたときに、申告した走行距離と大きく異なることがバレると・・・。

保険が下りない可能性があります。注意しましょう。

年間走行距離の区分

「想定して自己申告」する走行距離では、保険会社によりいくつか区分が用意されています。

一例を表にすると次のようになります。

走行距離(年間)ソニー損保アクサダイレクトイーデザインセゾン
~3,000km--
~5,000km
~7,000km---
~9,000km---
~10,000km-
~11,000km---
~15,000km---
~16,000km---
無制限

各社違いはありますが、おおむね「3,000km」、「5,000km」、「15,000km」が区分の目安でしょうか。

走行距離が短いほど保険料が安くなりますが、自分がどれくらいの距離を走行するか見当がつなかい人もいますよね。

次の章では、おおまかな走行距離の目安をご説明します。

走行距離の目安

走行距離は、日常で自分がどのように車を使用するかで異なります。

例えば、リッター10km走行する乗用車の場合、次のような目安になります。

走行距離(年間)運転の仕方給油回数(月)
~3,000kmほとんど乗らない0.5回
~5,000km近所へ買い物がメイン1回
~7,000km毎日1時間くらい乗る1.5回
~10,000km毎日2時間くらい乗る2回
~15,000km毎日長距離を走る3回

通勤で平日欠かさず運転する人と、休日ドライバーとでは走行距離に大きな差がでるのがわかりますね。

距離の間隔がつかみにくい人は、月に何回給油をするかで考えると分かりやすいかもしれません。

年間の走行距離を把握することで、保険料を安くすることができます。

年間の走行距離をオーバーした場合は?

急に出張や旅行の回数が増えてしまい、契約時に申告した走行距離をオーバーしそう….。そんなこともあるかとおもいます。

そんな時は、オーバーする前に、保険会社へ申告しましょう。

申告し追加分の保険料を払う(保険会社によっては無料)ことで、制限を拡大することができます。

オーバーした後に事故を起こすと、保険が下りない可能性が高くなります。

距離制限を設けたときは、オーバーする前に連絡できるようにしておきましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定