旅行先などでタイヤがパンクしてしまうと焦りますよね。

最近の車は性能が良いので、パンク修理をする機会もグンと減りました。

タイヤの交換が不慣れで不安な時は、自動車保険のロードサービスを利用しましょう。

全国で24時間365日、無料で対応してくれる心強いサービスです。

タイヤがパンクしたらロードサービスを利用する

自動車保険のロードサービスでは無料でパンクの救援を行ってくれます。

パンクの救援は「スペアタイヤ交換」あるいは「レッカー移動」のいづれかの処置になります。

1.スペアタイヤの交換

車にスペアタイヤが搭載してある場合、交換作業を行ってくれます。

スペアタイヤの交換は、慣れていないと手間取り焦りますよね。

特に夜間や雨天のときは、プロのロードサービスに代行で依頼できるほど心強いものはありません。

なお、自動車保険のロードサービスでは「30分以内の作業」に限り無料対応してくれるのが一般的です。

以前はスペアタイヤの搭載が法令で義務付けられていましたが、利用頻度が低いため義務ではなくなりました。スペアタイヤの無い車は、自走できる程度の修理ができるコンプレッサーや修理キットが搭載されています。

2.最寄りの修理工場へレッカー移動

スペアタイヤが搭載されていない車は、タイヤの修理ができる最寄りの整備工場やガソリンスタンドなどへレッカー移動してくれます。

レッカー移動の距離は各保険会社により異なりますが、15km~60kmの間で制限があります。

ソニー損保によれば、レッカー移動したユーザの96%が「50km以内」だったようです。(2016年実績)

よほど遠いお店を指定しない限り、どの保険会社のレッカーでも問題ないと言えるでしょう。

各社ロードサービスの比較

各保険会社の「スペアタイヤ交換」と「レッカー移動」のロードサービスを比較してみました。

保険会社スペアタイヤ交換レッカー移動(無料)
アクサダイレクト35km
イーデザイン損保60km
ソニー損保50km
そんぽ24100km
チューリッヒ100km
三井ダイレクト50km
JAF (会員)15km
SBI損保〇(30分無料)50km
セコム損保〇(30分無料)50km
三井住友海上〇(30分無料)15km

レッカー移動の距離は、各社平均すると40kmほどでしょうか。

民間の大手ロードサービスのJAFは、15kmまでが無料ですね。JAFを基準で考えると、おおむねどの保険会社を選んでも問題ないかと思います。

なお、制限距離を超えた場合は、1km単位で400円~700程度の追加料金が必要になります。

自分でパンク対応する方法

ロードサービスは数に限りがあります。混雑している時は、救援になかなか来れないこともありますよね。

そんなときは自分の力で交換、あるいは補修するのも手です。

2つの方法をご紹介します。

1.自分でスペアタイヤを交換する

スペアタイヤはトランクルームの底に格納されているのが一般的ですが、車種によっては車の底に装備されています。

詳しくは車の取扱説明書を読みましょう。

車種によりジャッキアップする個所が異なりますので、あわせて説明書に目を通しておきましょう。

具体的な交換方法は、JAFの動画が分かりやすくて参考になります。

2.コンプレッサーと修理剤を使って補修する方法

スペアタイヤがない車種の場合は、コンプレッサーと修理剤を使って補修します。

具体的な補修方法は次の動画をご参考にどうぞ。

 

補修後はなるべく低速で走行し、タイヤの修理ができる最寄りのガソリンスタンドなどへ行きましょう。

なお、パンク剤は劣化するため未使用であっても2~3年に一度交換する必要があります。車検のタイミングで交換するようにしておくと安心ですね。

エアコンプレッサーや補修剤が手元にないときはアマゾンなどで購入することができます。

遠出をするときは、事前に用意しておけば安心ですね。

車用空気入れ エアーコンプレッサー

パンク修理剤

タイヤ交換は安全に注意しよう

タイヤ交換で気を付けなくてはいけないのは、後方あるいは前方からくる対向車です。

特に夜間や雨天時は視界が悪いため衝突事故など2次災害が起きやすくなります。

タイヤ交換に少しでも不安があるようでしたら、迷わずロードサービスを呼びましょう。

自動車保険は、保険会社によって保険料に差がでます。
補償内容やサービスも大切ですが、できるなら保険料を安く抑えたいですよね。

保険料を安くするには、自分の運転条件にマッチした保険を選んで「無駄を無くす」ことが大切です。

実際、私も保険を見直し乗り換えることで、23,000円安くすることができました。

複数社の保険を比較し、カンタンにぴったりあう保険を見つけましょう!

⇒(無料)自動車保険のカンタン見積もりはこちら

 

車を高く売るには、「一番高く売れるお店を探す」ことに尽きます。

買取会社によって欲しい車が異なるため、同じ車の査定でも会社により平均で13万円以上の差がでると言われています。

私も日産のティーダを一括査定に依頼したところ一番高いお店と低いお店で15万円の差が出ました。

一括査定は、分の入力で最大10社の一括査定を無料で申し込むことができます。1分の入力で簡単に最高額の会社を見つけることができるのです。

《車買取》最大10社無料一括査定